ジャガード織

あふれるほどの柄と色のコンビネーション
〜 お好きな色と織り柄をオリジナル生産 〜

クライアント様のご意見を正確にヒアリングし、オリジナルのジャガード織をご提案いたします。
お好きな色と織り柄をオリジナル生産することが可能です。

ジャガード織

生地に絵が浮き上がるような織り方が特長で、横に巾の広いうねがあり、
それが模様のように見える生地です。

ジャガード織りとは

フランス人発明家ジャカールによって発明された初めての自動織機で、織機の名前はジャカールにちなんで、そう呼ばれるようになりました。
パンチカードという型紙を利用しており、パンチカードの一列の穴がヨコ糸及びタテ糸1本に対応、穴の有無に従って上下する金属針と連動させたシャフトを上下させ、穴によって指示されたタテ糸だけを引き上げてヨコ糸を通し、カードのパターン通りの模様を織ることが出来るようになりました。
それまでは複雑な模様の布を織ることは非常に手間がかかりましたが、模様に対応したパンチカードによって織機の糸の上げ下ろしを制御することで、格段に簡単になりました。
現代ではコンピューター制御により、もっと簡素化できるようになっています。

使用用途

  1. バインダーやファイルの生地として
  2. アルバムや手帳の生地として
  3. 撥水加工や防汚加工、防カビ加工等を施せます。

柄・カラーサンプル

※上記は代表的な柄、もしくはカラーのサンプルの一部となります。
画面の性質上、実際と異なって見えることがあります。詳しくはサンプルにてご確認ください。

TOP