新着情報 ブログ Blog

幼稚園リュックもつくりました

幼稚園向けに出版物の企画・制作・販売や保育用品の企画・販売をおこなっておられる「ひかりのくに株式会社(http://www.hikarinokuni.co.jp)」の依頼で幼稚園リュックを企画・デザイン・製作しました。

とっても可愛い、使っていて楽しくなるような、長く使っていただけるリュックを一生懸命つくりました。

rucksack008

 

とても軽いのですが、7.5リットルの大容量で、お弁当もお着替えもたっぷり入ります。
本当に7.5リットル入るのかって?
大丈夫です!ちゃんと7.5リットル入るのか、ビニール袋をバッグに入れて、お水を7.5リットル入れてみました。

rucksack002

rucksack003

ちゃんと無事にお水も入って、チャックもちゃんとしまります。

製作現場というのは意外と地味な作業の積み重ねなんです。

rucksack004

このリュック、可愛いだけではないんです。幼稚園児のことを考え細部まで工夫を懲らしたリュックなんです。

当然ながら、とっても軽量につくっていますが、生地はひじょうに丈夫です。

子供たちが荷物を取り出すシーンを想像してください。

子供たちは、リュックの口をガバッと開けますよね。そして、欲しいものが見えないと中身をがさがさとかき回して・・・困っちゃいます。

なので、このリュックはファスナーがリュックの下までさがって口が大きく開くようにしています。

口が開いても荷物が落ちないようにサイドには仕切り布が付いているので、荷物が落ちる事もなく、開きすぎない仕様になっています。

rucksack005

 

ファスナーの引手にも工夫を凝らし、子供たちが遊んでぶつかっても痛くないよう柔らかい素材でつくりました。

rucksack006

小さな身体の子供たちがリュックを背負ってもズレ落ちてこないように、型ずれ防止パーツ(別売)も用意しました。

安心して使っていただけるように、このパーツは、ある程度の負荷がかかると外れるように安全パーツを使ってつくっています。

rucksack007

もちろん、園章や園名をワッペンでつけられるようにしています(オプション)。ちなみに、ワッペンも私達で製作する予定です。

rucksack001

と、ここまで書くと子供用リュックの専門業者のようですが、ひかりのくにの担当の方と一緒になって喧々諤々、ああでもない、こうでもないと試行錯誤して辿りつきました。

利用されるシーンをイメージし、求められるクオリティーを追求する作業を一緒におこなって、最終的な形=商品に落とし込んでいく課程をお客様と一緒に歩むというのが、私達の仕事なんだなとあらためて思います。

できあがったリュックを見ているとここまでの苦労が報われる思いです。早く、子供たちが背負っている姿を見てみたい!

来年の春から、このリュックを背負っている子供たちを見かけられたら優しくほほえんであげてください。

 

 

商品のお問合せは

ひかりのくに株式会社

http://www.hikarinokuni.co.jp

TOP